サイト概要

インターネットマーケティング導入のメリット

インターネットマーケティングはビジネスにとって大きなメリットをもたらし、結果あなたの生活を豊かにします。資金や人の問題で諦めてしまっていた施策も、インターネットを活用することで可能になるということが起こります。
しかし、インターネットマーケティングは歴史が浅く、技術の進歩も目覚ましいがゆえに「向かうべき方向」や「どのように活用するのか」を定めるのが難しいことも事実です。
本サイトでは必要とする最新の、あなたが関係(所属)する事業や企業の収益向上に役立つ情報と手法をご紹介し、あなたにとっても利益となる情報を提供します。

あなたにとっての「メリット」
  • 報酬アップなど、今より豊かな生活を得られる
  • 昇進など社内での優位なポジションを獲得できる
  • 転職でも即戦力に近いスキルを身につけられる

市場と現実

企業を取り巻くネット環境

※総務省「通信利用動向調査(平成29年版)」より抜粋

現在、「インターネットは使ってない」と言い切れる企業がどれくらいあるでしょうか。
総務省「通信利用動向調査(平成29年版)」では、インターネットを使用してる企業が99.6%と、事実上、ほぼすべての企業で利用されていることを発表しています。
また、企業のホームページ所有率は87.8%と、こちらも高い水準です。
ただし、このデータは従業員100人以下の企業は調査対象外で、必ずしも実情とは言い難いかもしれませんが、あながち大外れな数字では無いでしょう。

インターネットを活用したビジネスはさらに発展

中小企業が抱えるWEBの問題点とは

WEB更新の担当者

※中小企業庁委託「ITの活用に関するアンケート調査」(2012年、三菱UFJリサーチ&紺あるティング(株))より抜粋

WEBサイト(ホームページ)の制作や維持には、少なからず費用が発生することはご存じかと思います。
ゆえに企業にとって費用対効果が合わないWEBサイトならば本来は必要としないはずです。
しかし現代社会、言い換えればユーザーにとってインターネットは必須になっており、今後さらにその必要性は高まります。
この「企業のインターネットの取り組み姿勢とユーザーニーズとのギャップ」が、今の企業にとっての大きな問題点といえます。

さらに企業の内部を見渡すと「WEB専門で業務をしている」という担当者がいる中小企業は少なく、
「営業が兼任で」というケースや「事務の一環として経理が」というケースが多いようです。
つまり「充分な資力がWEBに注ぎ込めない」というのが現実ではないでしょうか。

インターネットを活用した社内の体制づくりは急務

e-webで得られること

  • インターネットの原理と仕組み
  • マーケティング知識(用語を含む)
  • 効率的な運用方法
  • 検証と改善のサイクル

e-webのコンセプト

  1. マーケティング用語をひとつひとつ丁寧に説明します
  2. 情報の出し惜しみはせず、すべてをお伝えします
  3. 出来る限り具体的な事例を入れ、理解しやすくします
  4. 独自の理論の展開で、他にはないサイトを目指します

インターネットにはマーケティングに関する情報がたくさんありますが、当サイトではマーケティングをまったく知らない人でも理解できるように、専門用語の使用をできる限り控え、使用する場合も解説を入れることで理解を深めていただきます。
また、マーケティングというジャンルでは軽視されがちな「視覚的」な観点も深堀りすることで、e-web独自のマーケティング理論をご紹介します。